CTI機能が優秀なシンクロ


コールセンター業務を導入している企業にとって、「どのコールシステムを導入するのか?」と言うのはとても重要な問題です。コールシステムは数多く存在しています。そんな中から自社に最適なコールシステムを選ぶのは、通話料金、月額料、機能etc。いろんなポイントがあることでしょう。 そこで今回紹介するのは、CTI機能が搭載されているシンクロです。

シンクロとは

シンクロは顧客管理システムとして好評を博している製品です。特に好評を博しているのはCTIと呼ばれるコールシステム機能。 シンクロを開発している 会社は、 コールシステムのリストナビゲーター をすでに開発しています。
そのため、コールシステム構築の ロジックを 知り尽くしており、そのノウハウをシンクロにも取り入れているのです。

機能について

CTI機能の特に目立った機能を紹介してみたいと思います

・ チャット機能
チャット機能は、 お客様の会話の邪魔をすることなく、 リアルタイムでアドバイスを行うことができます。 お客様からチャットの問い合わせを受けるだけではなく、オペレーターからチャットで質問することも可能です。

・ 顧客管理機能
シンクロには顧客管理機能が搭載されており 、顧客情報と電話情報の入力を シンクロシステム一つだけで行うことができます 。テレアポ業務は、コールシステムとは別で顧客情報を管理している場合が 多く、 そこに不便さを感じている管理者が多かったのです 。しかし、シンクロを導入すれば 煩わしさはなくなり、コスト削減にもつながります。

・ 5つの電話番号を収納
シンクロは5つの電話番号を 収納 することができます。 これはインバウンドを行っている 企業にメリットが高いです。 回線を選ぶことができるため、部署や支店に電話番号を振り分けることができます。こうすることで、「通話時間が最初から長くなるだろう」と想像できる「サービス内容の案内」などを担当する回線は、秒課金制にするなどの工夫が可能。通話料金の改革にもつながるのです。

おすすめのチャットシステム導入ランキングサイト